P検4級 感想

クニトマヨ
パソコン検定試験(P検)4級

 僕は、初めはパソコンについて全然知らなくて、本当にP検に合格できるのか不安でした。けれど、先生に「最初は、パソコンに慣れていこ。」と言われて、始めたばかりの頃はP検の勉強をせず、タイピングなどを勉強していました。
 
 そして、ワードやエクセルなどの勉強が終わったときに、P検の本を買って勉強し始めました。僕は最初は今までのワードやエクセルの問題ばかりでるのだと思っていたのですが、P検の本を見てみると、知らない事がたくさんあったので驚きました。

 一通りP検の本を読んだあと色々な模擬試験をやりました。初めて模擬試験をやったとき、本番でもないのにとても緊張してしまいました。また、これまで勉強してきたことを活かすことができるのか不安もありました。そして、最初の模擬試験は、ガチガチでタイピングや、実技テストが全然できませんでした。ですが、何度も模擬試験を繰り返しているうちに、緊張感がなくなってきて、問題にも慣れることができ、次第に合格点をこえることができるようになりました。

 そして、模擬試験を何度も、繰り返してついにP検を受ける日がきました。僕は、試験の時はいつも緊張するのですが、なんだか落ち着いて受けることができました。そして、結果は合格。僕は、このときとても嬉しかったです。初めの頃はパソコンについて全然知らなかった僕が合格できたので、自信を持つことができました。やっぱりたくさん模擬試験をやって、問題に慣れることはとても大事なことだとわかりました。




教室の
トップページへ戻る
合格体験記コーナーに
戻る